Q & A

市民坐禅講座についてのQ & A

  

, 坐禅を組んでどんな瞑想をするのですか? 

 

, 坐禅を組み姿勢を整えたら、自分の自然の呼吸を 吸う息・吐く息を一つ

   として1から100まで数え、100に到達したら、また一に戻ります。これを数

   息観(すうそくかん)といい、坐禅の間、一切のことを棚に上げ、自分の呼

   吸を数えることに集中します。これを数息三昧になるといいます。(瞑想と

   は違うかもしれません)現代風にいえば集中力を涵養する観法です。

   詳しくは「数息観のすすめ」のページで・・(数息観のすすめ)。

 

 

Q,数息観は、日常生活にどんな効用があるのでしょうか?

 

, 人生は、をどう生きるか、という点の繋がりであると云われます。であれば、そのに集中する事ができれば豊かな人生を味わうことが出来るといえます。

   さりながら、悩みや迷いを引きながら、あるいはある事への心配を持ちながら、なかなか今に集中できずに生活している事がいかに多いか・・それがストレスになっていることは事実です。数息観を一日に一回行うことで集中力を涵養し、その力でを迷う事なく生きる力となるといえます。

 

, 月に一回の市民坐禅講座で集中力の涵養ができるのですか?

 

A,会場の関係で月に一度の開催になっていますが、到底月に一度の数息観では力はつきません。ここでは、正しい坐禅の姿勢の取り方、数息観の仕方が我流にならないようにする時間と思ってください。また、毎日しようと思っても三日坊主で・・ということもありますので、励みにもなりますので是非お越し下さい。

 

Q,開催回数を多くはできないのですか?

 

A,市民文化ホール、サンエール鹿児島、県民交流会館を主な会場として申込みしますが抽選ですので、思うように回数を増やすことが出来ないで市民坐禅講座は月に一回の開催となります。25年度から玉江公民館で第4土曜日午後2時から4時まで「禅と茶を楽しむ会」として開催しています。

 

Q,数息観は宗教ではないのですか?

 

A,数息観は宗教ではありませんし、宗教性もありません。

ただ、禅では道力を養う(集中力を持続する力)ために、日常生活の日課としていますし他の宗派でも取り入れているところがあると聞いています。

 

Q,なぜ、仏像みたいに非日常的な足の組み方をするのですか?

 

A,尻に坐具を敷き、両膝と尾骶骨の三点で上半身を真直ぐに支え、首筋を 

   立て丁度三角錐のような姿勢となり、最も安定した不動の姿勢がとれま

   す。最初は足首などの痛みがありますが徐々に痛みが薄れ、なれてくると

   もっとも楽な姿勢となります。背筋が真直ぐになれば肺を支える胸郭も伸

   び、より自然な呼吸ができます。 (坐り方の実際)

   

Q,数息観は坐禅を組まなければいけませんか?

 

A,いいえ、椅子でも結構です。膝の痛みのある方などおいでですので、椅子も用意しています。また、時と場所も選びません、電車の中でも人を待つ時間でも、その気になればいつでもできます。

 

Q,子どもの学力向上に役に立ちそうですがいかがでしょう?

 

  

A, 高知県のある小学校のあるクラスで、授業の始まる前3分間「集中トレーニングだよ!」と数息観に取り組んで効果をあげたと大阪市で開催されました「心の教育講演会」で発表がありました。「よく遊び・よく学べ」といわれますが、よく とは集中しての意味でしょう。集中力の高い子が勉強にも運動にも抜き出ているのはご存知のとおりです。子どもの場合は、「集中力トレーニング」と称し、椅子に姿勢を正して短い時間に行うことがベターと思えます。

参禅会についてのQ & A

 

Q,市民坐禅講座と参禅会の違いはなんでしょう?

 

A, 市民坐禅講座は正しい坐禅の組み方と数息観を修得し、集中力を涵養することが目的です。もちろん禅に関することや禅語(禅にかかわる漢詩)など教養として勉強もしますが、宗教性はありません。

   参禅会は、古来伝わっている本格的禅の修行になりますし、大乗仏教の根本である「衆生本来仏なり」を体得する絶対自力の行です。この参禅会は伝法が確かで、しかも社会人のための人間形成の禅である宗教法人人間禅の鹿児島禅会の参禅会として開催しています。

 

 

Q,参禅会の具体的内容はなんでしょうか?

 

A, 参禅とは、古来伝わっている公案(課題)を頂き、坐禅工夫して課題の見解を師家の面前で呈し、その見解(悟り)の正否を鑑定してもらいます。これを参禅といいます。これは、お釈迦様と同じ悟りを体得する方法であり、自己本来の本心本性を徹見し本当の人生を味わい人間形成を究める修行です。参禅会の期間は会場を我家として、ここから仕事出かけ、また帰り、日課に従い公案の工夫三昧になって修行します。

 

 

Q,参禅はいつでも誰でもできるのでしょうか?

 

A, もちろん、いつでも誰でも老若男女を問いません、年齢は15,6歳ぐらい以上の方であれば年齢は問いません。ただし、師家と面談をして参禅願いを提出して許可を得てからになります。これを入門といいます。入門すると公案を頂き修行の開始となります。 

 

Q、禅の修行は何年ぐらい続ければいいのですか?

 

A, 禅の修行は人間形成の行ですから、一生涯の行です。 以前は途中で止めるくらいなら最初からしない方がよいと言われ、志の硬いものだけが入門を許されましたが、時代の変化も有り、そうそう最初から志を決めるのは難しいものです。参禅会では、参禅始めて先ず一年間をご自身の確認期間として、その後を継続していくかを判断していただくことにしています。

 

 

,  我が家の宗派は禅宗ではありません。禅を学ぶためには改宗しなければならないのでしょうか? 

 

A,人間禅では、宗派を問いません。キリスト教の方でも、イスラム教徒の方でも、神道や浄土宗の方でも。人間形成をしたいという志の方であれば、宗派はそのままで入門できます。改宗の必要は有りません。

 

Q,坐禅のことを全くわからないで、いきなり参禅会に参加していいでしょうか?

 

A,  もちろんかまいません。坐り方から指導いたします。通常二泊三日ないし三泊四日の日程で行っています。初めの1日を数息観での坐禅を体験していただきながら、法話などで知識を得てもらいます。その上で参禅を願われても良いし、全期間数息観だけで充実されてもかまいません。参禅をするかしないかはご自分の意志で決めていただきます。 

 

Q,人間禅はどんな団体ですか?宗教法人ですか?

 

A, 文部科学省に届けをしている、宗教法人人間禅です。その内容については、人間禅ホームページをご紹介します。リンク人間禅

 

 

---------------------------- 

 鹿児島禅会Facebook 

-----------------------------